コンテンツにスキップ

当店へようこそ

ラベル貼付機のセットアップ方法

ラベル貼付機はどのように設定しますか
ラベル貼付機のセットアップ方法についてまだ混乱していますか?この記事では、粘着ラベル貼付機のセットアップ方法について説明します。以下のビデオは当社のラベリングマシンの一部です。正しいセットアップガイダンスがあれば、粘着ステッカーラベリングマシンが非常に役立ちます。
丸瓶用片面ラベル貼り
SH-TB200R  丸型ソースボトルの片面ラベル
スポイトボトルラベル貼付機
SH-TB500 丸いエッセンシャル オイル ボトルの片面および両面ラベル
平ボトルの両面ラベル貼り
SH-TB300N 洗濯洗剤ボトルの両面ラベル
バイアル用横型ラベル貼付機

SH-TB823 小さなバイアルにラベルを貼る

ラベル貼付機をセットアップするには、さまざまなサイズの六角レンチなどのツール一式が必要になります。通常、ツールキットはラベル貼付機と一緒に送られます。この記事を読んで理解するには約 30 ~ 40 分、ラベル貼付機のセットアップには約 2 ~ 3 時間かかります。

セットアップチュートリアルの前に、ラベリングマシンの基本情報を簡単に紹介します。この記事の概要は次のとおりです。知りたいことに応じてすぐに閲覧できます。

  • ラベリングマシンとは何ですか、またラベリングマシンは何に使用されますか
  • ラベル貼り機を使うメリット
  • ラベル貼り機の種類
  • ラベル貼付機のセットアップ方法
  • ラベル貼付機のセットアップ中によくある問題
それでは始めましょう!

1. ラベル貼付機は何と呼ばれ、何に使用されますか?

ラベル貼付機は、製造および包装に使用され、さまざまな種類の製品、ボトル、箱、包装袋などに事前に印刷されたラベルを貼り付けるために使用される機器です。
ラベル貼り機は何に使用されますか

<サンプル画像>

2. ラベル貼付機の利点は何ですか?

①作業能力の向上:例として、SH-TB200Rは150本/分に達します。

②生産エラー率の削減:通常ラベルエラーは約1mmですが、一部の機械では0.5mmになる場合があります。

③労働力の確保または人件費の削減

3. ラベル貼付機の種類

ラベル貼付機は通常、電気部品、センサー(ラベルセンサーとラベル対象物センサーに分けることができます。ラベルセンサーはラベルとラベルの間のギャップを検出し、制御システムに信号を送信して塗布を完了するために使用されます)で構成されています。ラベルを自動的に貼り付けます。ラベル貼り物センサーは、ラベル貼り付け対象物の通過を検出し、ラベル貼り作業を自動的に終了するように機械を制御するために使用されます)、トランスミッションモーター、搬送システム、制御システムなど。ラベルの種類に応じて、ラベル貼り機は分割できます。粘着ステッカーラベリングマシン、スリーブシュリンクラベリングマシン、ホットメルトラベリングマシン、ウェットグルーラベリングマシンに使用できます。これらのラベル貼付機の具体的な紹介については、こちら「 ラベル貼付機の種類」をご参照ください。
この記事では、粘着シール貼付機のセットアップ方法を紹介します。

4. ラベル貼付機のセットアップ方法

ラベル貼付機を正しく設置した後、ラベルを貼る必要がある項目に応じて、対応する作業コンポーネントとラベル貼付機の作業パラメータを調整することが非常に重要です。このステップは、機械の使用開始後の作業効率に直接影響し、生産上の利点をもたらします。ラベル付き製品が異なるため、粘着ラベル貼付機のラベル付けコンポーネントは異なるラベル付き製品に応じて変更されますが、ラベル貼付機のデバッグ手順には通常次の手順が含まれます。

Step1: ラベルロールを取り付ける

オペレーターがラベルロールを迅速かつ正確に取り付けることができるように、通常、ラベルロールの巻き取り方法の図がラベル貼付機の本体または制御パネルに表示され、その内容に従ってラベルロールを取り付けることができます。イラスト。対応するアイコンが機械にない場合は、下図に示すように、ラベルロールの巻き方向を機械の製造元に問い合わせてください。さらに、ラベルを包装するプロセス中に、後続のラベル センサーが正常に動作できるように、ラベルがラベル センサーを通過する必要があります。
<サンプル画像>
<サンプル画像>

ステップ2: マシンのオペレーティング システムを理解する

通常、本機の操作パネルでは、対応するボタンの機能をわかりやすくするために、機能ボタンの名称をできるだけ簡潔に表示しています。機械の製造元に、より簡単で操作のリスクが少ない機械の制御システムについて問い合わせることをお勧めします。対応する紹介がない場合は、マシンの手動モードで操作パネルの各ボタン (操作パネルで「手動」と表示されているボタン) をクリックして、マシン内のどのコンポーネントが実行されているか、動作しているかを観察できます。ボタンの機能をより明確に理解するために、条件を確認します。通常、調整する必要があるのは、「ラベルの出力速度」、「ラベルの出力までの遅延時間」、「ラベルの出力を停止するまでの遅延時間」です。3 ローラーラベリングマシンの場合、3 つの追加の作業データを調整する必要があります。これらは「ボトル」です。 「クランプ時間」、「ボトルをクランプする遅延時間」、「表裏ラベルの間隔時間」

・サンプル画像

Step3:ラベル貼り対象物に合わせてコンベアベルトの幅を調整します

コンベア ベルト ガードレールの両側にある固定ノブを緩め、ラベル付け対象物の直径または幅に応じてコンベア ベルト ガードレールの幅を調整し、対象物が通過できることを確認してから、両側の固定ノブを締めます。以上でコンベアベルトの幅調整作業は完了です。

<サンプル画像>

ステップ4:ラベリングオブジェクトに応じてラベリング構造の位置を調整します

ステップ 4-1:最初に調整するのは、ラベルがディスペンスエッジからはみ出す量です。これをラベル出力長とも呼びます。ラベルの出力長さが適切なデータに調整されていないと、ラベルをラベル対象物に繰り返し貼り付けてしまったり、製品にラベルを貼り付けることができなくなったりする可能性があります。ラベルの出力長さを3~5mmに調整することで、これらの問題をうまく解決できます。ラベルの出力長を調整するには 2 つの方法があります。 ①「ラベル出力停止遅延時間」を調整します。 ②ラベルセンサーの位置を調整します。

しかし、どうやってそれを行うのでしょうか?

①「ラベルの出力を停止するまでの遅延時間」を調整します。通常、遅延時間を0.01秒や0.1秒などの最小値に設定し、「手動」ボタンをクリックしてラベルの出力長さを確認し、ラベルの出力を停止するかどうかを確認する必要があります。ラベル出力長さが 3 ~ 5mm になるまで、実際の効果に応じてパラメータ値を増やします。

②ラベルセンサーの位置を調整します。ラベルセンサーがラベルを検出すると、制御システムに信号を送り、機械にラベルシールを貼り付けます。ラベル センサーが裏紙 (通常はラベルとラベルの間の隙間) を検出すると、作業指示は送信されず、ラベルは発行されません。ラベルロールの回転方向(最初に排出される側を前側、反対側を後側)に基づいて、ラベルセンサーが前に近づくほど、ラベルの排出長さが長くなります。ラベルセンサーが後方になるほど出力長は短くなります。

ステップ4-2 貼付物センサーの位置を調整する

ラベル貼付対象物センサーはラベル貼付対象物の通過を検出すると制御システムに信号を送信し、機械がラベルを製品に貼り付けることができます。ラベル付け対象物センサーがラベル付け対象物を検出できない場合、作業指示は送信されず、機械はラベル付け対象物にラベルを貼り付けません。ラベル構造はラベル対象物によって異なるため、ラベル対象物センサーの位置は固定されていません。でも、参考までにアドバイスがあります

① 3 ローラーラベリングマシンの場合: 通常、ラベリング対象物を感知できるように、ラベリング対象物の真上にラベリング対象物センサーを設置する必要があります。

②プレスベルト付きラベリングマシンの場合:通常、ラベリング対象物センサーはラベリングベルトから5mmの距離に設置されます。

③両面ラベル貼付機:通常、ラベル貼付物センサーをラベル剥離板にできるだけ近づける必要があります。

④トップサイドラベリングマシン:通常、ラベル剥離板からラベル対象物センサーは5mmの距離に設置されます。

貼付物センサーの位置

また、ラベリングオブジェクトセンサーの位置がラベリング効果にどのような影響を与えるかについても興味がありますか?

一般に、コンベアベルトの走行方向(ラベル貼付構造に近い側を右側、その反対側を左側)に基づいて、ラベル対象物センサの位置が右側に近いほど、ラベル付けオブジェクトは後で検出されます。ステッカーはさらに左側にラベルが付けられます。

表ラベル貼付機・両面ラベル貼付機 この2種類のラベル貼付機はこの位置の調整に注意が必要です。他のラベリング構造とは異なり、3 ローラーラベリング構造の場合、ラベル対象物センサーがコンベアの走行速度の位置と一致していることを確認する必要もあります。ラベル対象物センサーがボトルを検出すると、クランプを制御します。ボトルを固定してラベル貼り作業を完了する構造のため、搬送速度が速すぎるとクランプ構造がボトルのクランプに間に合わなくなり、逆も同様です。加圧ベルト付きラベル貼り機の場合、ラベル対象物のセンサー位置が近すぎると、位置がラベル構造体から離れすぎると、ラベルをラベル対象物に貼り付けられなかったり、ラベルロールが丸まったりする可能性があります。またはラベル貼り付けプロセス中に引っ張られた

センサーがラベルまたはラベル付けオブジェクトを確実に検出できるようにするにはどうすればよいか、この質問について考えたことはありますか?

実はセンサーの種類が異なると、情報の表示方法も異なります。一部のセンサーが物体を感知するとライトが点灯し、物体が離れるとライトが消灯します。いくつかのセンサーもあり、物体が検出されると「|」が表示されます。感度調整機能が装備されている場合は マークが表示されます。

ステップ 4- 3 :ラベリングオブジェクトに応じてラベリング構造の位置を調整します

① 3 ローラーラベリングマシン

このタイプのラベリングマシンのラベリングアセンブリは、3 つのローラーが組み合わされて構成されています。ラベルを貼りたい物体(通常は標準シリンダー)を3つのローラーの間に置き、物体と分離したラベル部分との距離が3〜5mmになるようにします。エアコンプレッサーが接続されていないことを確認しながら、2 つのローラーからなるラベル貼り付けコンポーネントの位置を固定するネジが緩んで、このラベル貼り付けコンポーネントが別の側に押し込まれます。ラベル貼り付け対象物が 3 つのローラーでちょうどクランプできることを確認する必要があります。ラベル貼り付け対象物をクランプしすぎると、ラベル貼り付け中にラベル貼り付け対象物がコンベア ベルトの上に浮いてしまい、うまくラベルを貼り付けることができません。ラベル対象物をクランプできない場合、ラベルステッカーの下に気泡が存在する場合、またはラベルをラベル対象物に貼り付けることができない場合、ラベル効果は理想的ではありません。 2 つのローラーで構成されるラベル貼り付けコンポーネントの位置を調整した後、位置を固定するためにネジを締め直す必要があります。

<サンプル画像>
<サンプル画像>

さらに、3 ローラーラベリングマシンを使用して表裏ラベルを実現する必要がある場合は、表ラベルと裏ラベルの間の距離を調整する必要があります。通常、表と裏のラベルの間隔はオペレーティング システムを通じて設定できます。間隔時間を 0.01 秒や 0.1 秒などの最小値に設定し、「手動」ボタンをクリックしてラベリング効果を検出し、実際のラベリング効果に応じてパラメータ値を増やすかどうかを確認する必要があります。良好なラベル効果が得られます。また、3 つのローラーの回転速度はラベルの出力速度と一致する必要があります。

A. _ラベルの出力速度が回転速度よりも速い場合、粘着ステッカーの下に気泡が残ったり、ラベルがアーチ状になったりします。
B .ラベルの出力速度が回転速度より遅い場合、ラベル貼り付け中にラベルロールが転がったり、引っ張られたりする可能性があります。

②プレスベルト付きラベリングマシン

このタイプのラベリングマシンは、ラベルの出力長さを調整した後、ラベル対象物の直径または幅に応じて、ボトルがちょうど通過でき、ラベル対象物が通過しないように、加圧ベルトと加圧ベルトの間の距離を調整する必要があります。動きがとれない。その後、加圧ベルトの走行速度とラベルの出力速度が一致しているか確認してください。

A. ラベルの出力速度がプレスベルトの走行速度よりも速い場合、粘着ステッカーの下に気泡が残ったり、ラベルがアーチ状になったりします。
B. ラベルの出力速度がプレスベルトの走行速度より遅い場合、ラベル貼り付けプロセス中にラベルロールが転がったり、引っ張られたりする可能性があります。

③両面ラベル貼付機

このタイプのラベル貼付機の調整方法は②と同様です。ラベル貼付対象物の幅や直径に応じて、両側のラベル剥離板の間隔を調整した後、搬送速度とラベルの排出速度が一致しているかを確認する必要があります。

<サンプル画像>
A. ラベルの排出速度が搬送速度より速い場合、以下のような現象が発生する可能性があります。

a-1: ステッカーの一部にはラベルが付けられますが、他の部分にはラベルが付けられません

a-2: 粘着ステッカーの下にいくつかの気泡があるか、ラベルがアーチ状になっています。

a-3: ステッカーは貼れません。 製品にラベルが貼られている

a-4: ステッカーは 製品の前面にラベルが貼られています

B. ラベルの出力速度が搬送速度より速い場合、シールが製品の裏側にラベルが付く可能性があります。

④上面ラベリング機

このタイプのラベル貼付機のラベル貼付位置に影響を与える要因は数多くあります。ラベル貼付部品の前後・左右・上下の位置に加え、ラベルセンサーの位置・貼付対象物センサーの位置・搬送速度とラベル出力速度の整合性も影響します。ラベリング効果。まず、生産の必要に応じてラベル構造の前後左右の位置を調整する必要があります。オペレータは、ラベル構造の回転ノブを介してラベル構造の位置を調整することができる。ラベル分離板はラベル対象物の上面より 3 ~ 5 mm 高くする必要があります。ラベル剥離板が高すぎるとラベルを製品に貼り付けることができません。ラベル剥離プレートが低すぎると、ラベル対象物が詰まったり、ステッカーの下に気泡ができたりします。

両面ラベル貼付機と同様に、ラベルの出力速度と搬送速度を合わせる必要があります。

A. ラベルの出力速度が搬送速度より速い場合、シールが製品の表側に貼り付けられてしまう可能性があります。
B. ラベルの出力速度が搬送速度より速い場合、ラベルが製品の裏側に貼り付けられる可能性があります。

①②③のラベリング成分については、ラベリングの過程で以下の2つのラベリング効果が発現する場合もあります。

A. ラベルの始まりがラベルの終わりより高いため、回転ノブを使用してラベル分離プレートを下げる必要があります。
B. ラベルの始まりがラベルの終わりより低い場合、回転ノブを使用してラベル分離プレートを高くする必要があります。
ラベル貼付機の回転ノブ

ステップ5. コンベアベルトの速度を調整する

ラベル構造を調整した後、生産ニーズに応じて搬送速度を調整する必要があります。通常、操作パネルや機械本体の側面にボタンがあり、コンベアベルトの走行速度や動作状態を個別に制御します。一般的に、ベルトコンベアの走行速度を速くするか遅くするかに関係なく、ラベルの出力速度も速くするか遅くする必要があります(両者の速度を一致させるため)。したがって、ベルトコンベアの速度が必要な速度に達したら、ラベルの効果に基づいてラベルの出力速度を再調整する必要があります。ステップ 4 を参照してください。

また、3 ローラーラベリングマシンの場合、ボトルのクランプ時間は搬送速度と一致する必要があります。そうでない場合は、次の原因が考えられます。

A. ボトルのクランプ時間が長すぎると、同じ製品に複数のステッカーが貼り付けられてしまいます。
B. ボトルのクランプ時間が短すぎるため、プロセス中にラベルロールが転がったり引っ張られたりする可能性があります。または、ラベルの一部は貼り付けられますが、別の部分は貼り付けられません。

 

ステップ6. 「ラベル出力の遅延時間」を調整する

一般的に、ベルトコンベアの走行速度を速くするか遅くするかに関係なく、ラベルの出力速度も速くするか遅くする必要があります(両者の速度を一致させるため)。したがって、ベルトコンベアの速度が必要な速度に達したら、ラベルの効果に基づいてラベルの出力速度を再調整する必要があります。この場合、ラベルの出力速度をベルトコンベアの走行速度に合わせるために、「ラベル出力の遅延時間」を調整する必要があります。

A. 「ラベル出力遅延時間」が短すぎると、以下のような現象が発生する可能性があります。

a-1: ラベルの前半部分は折り曲げられており、後半部分は通常通り対象物に貼り付けることができます。(3本ローラーラベリングマシンおよびプレスベルト付きラベリングマシンの場合)

ラベリング効果

a-2: シールは製品の表面に貼付されます(両面貼付機および表面貼付機の場合)

B. 「ラベル出力遅延時間」が長すぎると、以下のような現象が発生する可能性があります。

a-1: ステッカーの一部にはラベルが貼られ、別の部分にはラベルが貼られません。(3 ローラーラベル貼付機の場合)

a-2:シールは製品に貼付できません(プレスベルト付貼付機の場合)

a-3: シールは製品の裏面に貼付されます(両面貼付機、表貼機の場合)

ステップ7. ラベル出力停止遅延機能(オプション)

通常、ラベル貼付機の制御システムには、「ラベル停止までの遅延」機能ボタンが表示されます。前述したように、ラベル出力長の制御だけでなく使用することもできます。別の機能もあります。実際に作業してみると、ラベルが長すぎる場合、上記の機械部品を調整しただけでは、ラベルを完全に貼り付けることができないことがわかりました。この時点で、オペレータは遅延停止の時間値を設定できます。通常は、最小値から始めて、良好なラベリング効果が得られるまでラベリング効果を数回テストすることをお勧めします。

ステップ8: 日付コーダーを調整する(オプション)

<サンプル画像>
①日付コーダーを正しくインストールした後、コントロールボックスの「チェック」ボタンをクリックして、初期コーディング効果を手動でテストします。
②最初のコーディングの効果に応じて日付コーダーを調整する方法を決定します。通常は次のような状況です。
A. ラベルのフォントのくぼみが深すぎる場合は、下図のネジを少し緩めてコーダーのストロークを調整する必要があります。
B. ラベルのフォントのインデントが浅すぎる場合は、下図のネジを締めてコーダーのストロークを調整する必要があります。
<サンプル画像>
C. ラベル上のフォントのインデントは適切であるが、フォントの印刷色が暗すぎる場合、これはコーダーの高温が原因です。このとき、コーダーの温度を下げる必要があります。
D. ラベル上のフォントのインデントは適切であるが、フォントの印刷色が薄すぎる場合は、コーダーの温度が低すぎることが原因です。このとき、コーダーの温度を上げる必要があります

ラベル貼付機のセットアップ中によくある問題

  1. ラベルを端から上下に貼り付ける場合、一方の端が少し上でもう一方の端が下になっている場合、ラベルを均等に貼り付ける解決策は何ですか?
<サンプル画像>
この問題は通常、回り込みラベル付けで発生します。プレスベルト付きラベル貼付機を使用してラップアラウンドシールにラベルを貼り付けると、このような現象が発生します。プレスベルトを備えたラベル貼付機の動作原理は、ボトルの搬送中にステッカーにラベルが貼られることです。ボトルが前進すると同時に回転するため、ラベル精度はあまり高くありません。 3本ローラーラベリングマシンはこの問題を解決できます。詳細については、以下のリンクをクリックしてください。これら 2 種類のラベル貼付機の違いを示すビデオがあります。
  1. フラットボトルのラベルずれの問題を制御する方法
上で述べたように、ラベルがディスペンスエッジからはみ出す量 (3 ~ 5 mm) を調整した後、センサーの位置を調整できます (ラベル貼り付け物の通過を検出するため)。ラベルが長すぎる場合は、遅延を設定することを忘れないでください。ラベルの発行を停止する時刻。
  1. ラベルの一部が台紙と似た色であるため、センサーがラベル/台紙を認識していないようです。これに対する解決策は何ですか?
ラベルセンサーの動作原理は光透過率に基づいています。通常、ラベル素材と台紙の光透過率は、素材が異なるため異なります。つまり、一般に、ラベル センサーはラベルとラベル ライナーの違いを正確に識別できます。従来のラベルではなく透明ラベルであるため、上記問題が発生する可能性が高くなります。透明ラベルを正しく動作させるには、カスタム ラベル センサーが必要です。
  1. ラベルのロール方向を決定するにはどうすればよいですか?
これも興味深い質問です。とても簡単な方法があります。通常、ラベル貼り付け対象物の正しい配置をベンチマークとして使用し(たとえば、ボトルの口は通常上向きに配置されます)、ラベル貼り付け構造内のラベルロールの回転方向が次のいずれかと同じであるかどうかを観察します。当社のラベリングマシンのほとんどは、「切り捨て」ラベルロールに適しています。
<サンプル画像>
  1. ラベル貼付機でラベルを貼り付けることができません。どうすればよいですか?
①センサーがラベル貼付物の通過を検知できるか確認してください。そうでない場合は、センサーの位置を移動するか、感度を調整してください。 「はい」の場合は、②機械の電源が入っているかどうか、またはコンベアが動いているかどうかを確認してください。そうでない場合は、機械またはコンベアの電源を入れます。 「はい」の場合は、③ラベルリールが動作するかどうかを確認し、動作しない場合は電気回路に問題があります。 「はい」の場合、モータードライバーに問題があります。
  1. ステッカーの下に気泡がいくつかあります。ラベルを均一に貼り付けるための解決策は何ですか?
これは、ベルトコンベアの走行速度がラベルの出力速度よりも速いために発生します。この時、ベルトコンベアの速度を遅くすることでこの問題は解決できます。
  1. 機械がラベルを発行し続けます。これを解決するにはどうすればよいですか?
    ラベルセンサーがラベルを正しく検出できるか確認してください。 「はい」の場合、ラベル付けオブジェクトセンサーに問題があります。ラベル対象物センサーの感度を調整する必要があります。そうでない場合は、ラベルセンサーの感度を調整し、ラベルが検出できるかどうかを確認してください。
  2. 機械はラベルを複数枚出します。これを解決するにはどうすればよいですか?
①ラベル対象物センサーがラベル対象物を複数回感知したかどうかを検出します。そうであれば、センサーの位置を調整するか、対象物センサーの感度を再調整する必要があります。そうでない場合は、②ラベルがディスペンスエッジからはみ出す量が長すぎるかどうかを確認する必要があります。そうであれば、この量の値を再調整してください。そうでない場合は、③ラベルセンサーの感度を調整します。
  1. ラベルの下紙の端に亀裂が入っているのですが、どうすればよいでしょうか?
①ラベル貼り付け物が搬送中にラベル分離板に接触する可能性があるかどうかを確認し、接触できる場合は、ラベル貼り付け構造の位置またはコンベア幅を調整する必要があります。そうでない場合は、②ラベルリールが閉じすぎていないか確認し、閉じすぎている場合は少し緩めます。そうでない場合は、③ラベル用紙のダイマークが深すぎるか、台紙の靭性が不十分であることが原因です。ラベルメーカーに連絡して、ラベルロールを作り直すことができます。
要約すると、ラベル貼付機をセットアップするには 8 つのステップがあります。
ステップ 1. ラベルロールを取り付ける
ステップ 2. マシンのオペレーティング システムを理解する
ステップ3.ラベル対象物に合わせてコンベアベルトの幅を調整します
ステップ 4. ラベリングオブジェクトに応じてラベリング構造の位置を調整する
ステップ5. コンベアベルトの速度を調整する
ステップ6. 「ラベル出力の遅延時間」を調整する
ステップ7. ラベル出力停止遅延機能
ステップ 8. 日付コーダーを調整する
上記のチュートリアルに基づいて、一般的な粘着ステッカーラベル貼付機をセットアップする方向がわかります。ラベル貼り機のセットアップにサポートが必要な場合、またはラベル貼り機の選択方法がわからない場合は、info@sunhanpack.com に電子メールを送信してください。24 時間以内に返信させていただきます。

メッセージを送信してください

ここまたは info@sunhanpack.com にメッセージを送信してください

その他のカスタムパッケージングソリューション

充填材、キャップタイプ、ボトルタイプに応じた包装ソリューションをご提供いたします。詳細については、下のボタンをクリックしてください。

もっと詳しく知る

カート

近い

あなたのカートは現在空です。

ショッピングを始める

オプションを選択

近い
Consent Preferences