コンテンツにスキップ

当店へようこそ

ROPP キャッピングマシンとは何ですか?どのように機能しますか

Ⅰ. ROPPとはどういう意味ですか

RoPP と略されるロールオン ピルファー プルーフは、さまざまな業界、特に食品および飲料および製薬分野の包装に広く使用されているキャップの一種です。名前はそのデザインと機能に由来しています。ボトルに「転がり」、「盗難防止」シールを提供し、不正に開封しようとした場合に改ざんを示します。このテクノロジーの背後にある主な目的は、製品の安全性と完全性を確保しながら消費者に保証を提供することです。

ROPP キャップ

Ⅱ. ROPPキャッパーとは

ROPP キャップは通常、ネジのないアルミニウム シェルです。キャッピングプロセス中、ねじ山形成ホイールがアルミニウムシェルの周りを回転し、シェルを押してボトルのねじ山を形成し、ボトルをロックする間、ねじ山形成ホイールがボトルの首にかぶせられます。

ロップキャッパー

ロールオン ピルファー プルーフ (ROPP) キャッピング マシンは、コンベア ベルトまたはマシンのインデックス パーツを介してキャッピング ヘッドの下でボトルを正確に位置決めするという原理に基づいて動作します。次に、キャップを外したボトルにキャップが取り付けられ、自動機械ではキャップ フィーダーから機械が、または半自動機械では手動でキャップが取り出されます。キャップをボトルに正確に取り付けると、ねじ切りローラーとフランジ加工ローラーを備えたキャッピングヘッドがキャップ上に下降し、ねじ山とシールを同時に形成します。バランスの取れた対称的な圧力を提供し、キャップを固定するだけでなく、圧着プロセスを通じて不正開封防止シールを作成します。その後、機械はさらなる処理のためにボトルをコンベア システム上に解放し、キャッピング ヘッドは次のボトルのために元の位置に戻ります。一部の機械は、複数のボトルを同時に処理したり、充填機やラベル貼付機と統合して完全な生産ラインを構築したりするように設計されています。

Ⅲ. ROPPキャッパーの応用

ROPP キャッパーは、製品の安全で不正開封防止シールを必要とする業界で最も広く使用されています。これらは製薬業界で医薬品を包装するために広く使用されており、製品の安全性と完全性を確保しています。食品および飲料業界では、ワイン、蒸留酒、オリーブオイル、さまざまなジュースなどの製品にこれらを採用しています。

ROPPキャッパーの応用

Ⅳ. ROPPキャッパーの機械部品

ROPP キャッパーは、キャッピング プロセスを実行するために連携するさまざまな統合部品で構成されています。主要なコンポーネントには次のものがあります。

自動ロップキャッピング機

キャップフィーダー:振動板本体が振動すると、内部の材料が振動力の影響を受け、板内の特定の伝達溝や軌道に沿って移動します。振動により材料が継続的に上昇し、同時に重力によって材料が事前に設定された経路に沿って移動するため、自動選別とキャッピングエリアへの方向性伝達が実現します。

キャップシュート:ボトルにキャップをセットする前に、キャップを正しい方向に整えます。

スター ホイール:スター ホイールは、キャップが付けられる容器 (通常はボトル) の形状に適合するように設計された複数のスロットを備えた回転装置です。コンテナがコンベアに沿って移動すると、スター ホイールがコンテナをつかみ、キャッピング ヘッドの下で正確に位置合わせします。スターホイールは通常、使用されている特定のコンテナに適合するようにカスタム設計されており、コンテナを損傷することなく正確に位置合わせできます。

キャッピングヘッド:特別に設計されたローラーを備えたキャッピングヘッドがキャップ上に降下します。これらのローラーは、キャップの特定の溝や隆起にフィットするように設計されています。ローラーはキャップと係合し、制御された回転動作を適用します。この動作により、キャップとボトルネックのネジ山が形成され、確実なシールが形成されます。多くの ROPP キャップには、メイン キャップに取り付けられた小さなリング状の素材である不正開封防止バンドが含まれています。キャッピングプロセス中、ローラーはボトルの首の周りにこのバンドも形成します。後でキャップを取り外すとバンドが破損し、改ざんの証拠となります。

ボトル搬送システム:ボトルを機械内で移動させるコンベア ベルト。

Ⅴ.作業工程

ROPP キャッパーの作業プロセスは、キャップをシュートに移動するキャップ フィーダーから始まります。選別機は、キャップをボトルに取り付ける前に、キャップが適切に位置合わせされるように整理します。コンベア システムによって移動されたボトルは、すでに配置されているキャップと接触します。

圧着ヘッドは、本質的には特別に設計されたねじ切りローラーを備えた回転装置であり、キャップ上に下降します。ヘッドが回転すると、ねじ切りローラーがキャップのねじ山をボトルの対応するねじ山に「転がし」、しっかりとした密閉を形成します。キャッピングが完了すると、ヘッドが上昇し、コンベアベルトが密封されたボトルを移動させ、次のボトルのためのスペースを確保します。

ロックキャッピングマシンの作業プロセス

Ⅵ.ロップキャッパーの種類

自動化の程度に応じて、ROPP キャッパーは半自動と自動の 2 つのタイプに分類できます。

半自動 ROPP キャッパー:手動による介入が必要です。通常、オペレータはボトルにキャップをかぶせて圧着ヘッドの下にボトルを置く必要があり、その後、機械がキャップを密閉します。これらは通常、小規模な運用や、完全な自動化が現実的ではない、または費用対効果が高くない場合に使用されます。

半自動ロップキャッピング機

自動 ROPP キャッパー:これらの機械は完全に自動化されています。自動で仕分け、ボトルへのキャップの配置、封止をすべて高速で行います。これらは、効率と速度が最優先される大量生産ラインでよく使用されます。

自動ロップキャッピング機

Ⅶ.よくある質問

Q: ROPP Cappers はさまざまなサイズのボトルやキャップに対応できますか?

A:はい、ほとんどの最新の ROPP キャッパーは、さまざまなサイズや形状のボトルやキャップに対応できるように調整したり、交換可能な部品を備えたりすることができます。

Q: ROPP キャッピングマシンはステルビン スクリュー キャップに適していますか?

A:はい。 ROPP キャッピングマシンはキャップのサイズに応じてカスタマイズでき、キャッピングの品質を保証します。

結論として、ROPP キャッパーは、製品の安全で改ざん防止のシールを必要とする業界において極めて重要な機械です。飲料、酒類業界で完全な生産を実現するために、自動充填、ラベル貼付機を使用することも非常に一般的です。ROPP キャッピング機の効率的な操作と多用途なアプリケーションにより、ROPP キャッピング機は製品の完全性と消費者の信頼を維持するための貴重な資産になります。あなたの酒類/飲料製造のための完全な包装ソリューションを見つけたい場合は、info@sunhanpack.com まで電子メールを送ってください。

メッセージを送信してください

ここまたは info@sunhanpack.com にメッセージを送信してください

その他のカスタムパッケージングソリューション

充填材、キャップタイプ、ボトルタイプに応じた包装ソリューションをご提供いたします。詳細については、下のボタンをクリックしてください。

もっと詳しく知る

カート

近い

あなたのカートは現在空です。

ショッピングを始める

オプションを選択

近い
Consent Preferences